最新の食中毒

ビル

食中毒の原因と予防、対処について

食中毒は細菌やウィルスが付着している食物を食べることにより発症する、下痢や嘔吐などを繰り返したりするものです。
中毒には細菌性、ウィルス性、ふぐやキノコなどの自然毒、化学毒などいろいろな種類があります。
細菌は生肉が原因の病原性大腸菌、サルモネラ菌、腸菌ビブリオや傷口に繁殖する、黄色ブドウ球菌があります。
ウィルス性では貝や魚などにあるノロウィルスが有名です。
食中毒は細菌や毒素の種類によって潜伏期間や症状が異なり注意が必要です。
共通している症状は嘔吐、腹痛、発熱などで重症化する事もあるので見極めることが重要になります。
大腸菌やノロウィルスでは調理のさいに十分に加熱をし殺菌をします。
きのこやフグなどは素人が扱うことが難しいので詳しい知識のある専門家の提供するものを食べましょう。
食中毒を防ぐには作り置きしないこと、保存は適切な温度の冷蔵庫に入れる、細菌やウィルスに感染させないことが大事です。
また、二次感染を起こさないことも重要になります。
中毒による激しい嘔吐や下痢は脱水症状を起こし体力や抵抗力も奪います。
ひどくなれば呼吸困難などの症状もでるときがあるので症状を感じたら医療機関を受診しましょう。

当社のサービス一覧

フグの素人料理は危険です

食中毒の原因と予防、対処について

夏に怖い食中毒のイメージ、実は冬も危険、原因と予防について

食中毒には適切な処置を