最新の食中毒

ビル

食中毒には適切な処置を

食中毒とは、細菌やウイルスによって引き起こされます。
特に夏などの高温多湿の時期、野外などでも起こりやすいです。
主な症状としては【腹痛】【下痢】【嘔吐】などがあります。
注意が必要な食品としては、生肉などがあります。
生肉はバーベキューなど、野外で扱う場面が多く、特に注意が必要です。
生肉を切ったまな板で野菜を切ってしまったりすると、肉の細菌が直接野菜についてしまいます。
加熱する肉はともかく、生で食べる野菜に細菌がついてしまうと危険です。
肉や野菜を野外などで調理する場合は、絶対に別のまな板を使うか、きちんと熱湯消毒するようにしましょう。
もし食中毒の症状が出た場合は、適切な処置をする事が大事です。
食中毒になると脱水症状になりやすいので、水分補給はとても大切です。
下痢が酷い場合も、水分はしっかり取り、下痢止めなどは使わない方が良いでしょう。
下痢止めを飲んでしまうと、毒素を身体の外に出す妨げになってしまいます。
症状が酷い場合は、早めに医療機関に行くようにしましょう。
その時に、吐いた物などを持っていくと、原因の特定がしやすくなります。

当社のサービス一覧

フグの素人料理は危険です

食中毒の原因と予防、対処について

夏に怖い食中毒のイメージ、実は冬も危険、原因と予防について

食中毒には適切な処置を