最新の食中毒

腸内環境を整えて細菌に勝つ

食中毒を起こさないためにも、免疫力を維持する・高めることも予防法として大切です。
免疫力は、腸内環境とも深く関与しており、腸内の悪玉菌が善玉菌に比べて多いことで腸内環境は悪くなりやすく、免疫力が低下してしまい、カンピロバクター菌やサルモネラ菌などが侵入した際に重症化しやすい症状を引き起こしてしまいます。
善玉菌を優勢にするには、プロバイオティクスとプレバイオティクスを摂取することがポイントです。
プロバイオディクスは、乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌などがあり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれます。
プレバイオディクスは、その活躍のサポート役となり、菌で細菌に対抗することが食中毒に負けない身体を作り出すことができる内容です。
夏場に発生しやすい食中毒では、万が一細菌に侵され、下痢などの症状を起こした場合、下痢止めは使用せずに、細菌を身体の外に排出させることが重要となるため、便を軟らかくする役割や腸内にバリアを張る目的も兼ねて、漬物や納豆、根菜類などを積極的に摂取することも対抗策の1つです。

西表島のアクティビティを遊びつくす!

アトリエアルーアの等身大フィギュア

コンパニオン 派遣
セリスにお任せください

ガラスの交換工事承ります

上達したら次はみんなと奏でよう!

当社のサービス一覧

フグの素人料理は危険です

フグは日本で古来より食べられている伝統ある和食の食材です。
特に関西ではお刺身を「てっさ」、フ

食中毒の原因と予防、対処について

食中毒は細菌やウィルスが付着している食物を食べることにより発症する、下痢や嘔吐などを繰り返したりする

夏に怖い食中毒のイメージ、実は冬も危険、原因と予防について

食中毒は夏に怖い、というイメージがあります。
それは間違っていませんが、冬だと安全かと言われる

食中毒には適切な処置を

食中毒とは、細菌やウイルスによって引き起こされます。
特に夏などの高温多湿の時期、野外などでも